多様な薬

コレステロール値とバリフの服用について

性行為で3分程度と早い時間で漏れてしまう方は、早漏を疑うべきでしょう。
パートナーが満足すれば問題がありませんが、3分で満足してくれる女性は少ないものです。
通常より早く射精してしまう男性は、SEXに慣れていない可能性があります。
緊張すると射精コントロールが難しくなり、1分も経たずに射精してしまう方もいます。
緊張をすると長くなる人もいますが、逆に短くなる人も多いのです。

射精まであっという間という男性は、亀頭が弱い可能性もあります。
若いころはすぐ射精しやすいのですが、これは亀頭が粘膜状態のためです。
SEXを何度も重ねることで亀頭が強化されて、射精までの持続時間が延びていくのです。
経験に比例して挿入時間は長くなるものですが、包茎だと短時間で射精してしまいます。
亀頭が包皮に包まれているので、刺激に極めて弱いためです。

また、正常なペニスでも亀頭が強くならず、すぐに射精してしまう方はいます。
勃起力が弱い方も射精コントロールが難しくなるため、暴発してしまうケースが多いです。
こうした方はバリフを服用して勃起力を高めると、射精まで遅らせることができます。
ペニスが硬くなることで感触に鈍感になりますが、同時に射精コントロールも容易になるのです。

ED対策をされる方は、バリフを服用しながらコレステロール値を下げていきましょう。
コレステロールが増えると血液が粘度を持つようになり、陰茎にスムーズに流れてくれません。
血流が遅くなることでペニスの反応も鈍くなり、勃起力が弱くなってしまうのです。
勃起力の低下は精神的なコンプレックスになりやすく、早漏へとつながることもあります。
コレステロールを減らすためには、和食を中心として特に大豆類を多く摂るといいです。