多様な薬

早漏は病院でも治せる?

色々な薬と水のグラス

早漏とは膣内にペニスを挿入した後、射精までの時間が約1~2分しか保てない男性を指します。
普段は射精に問題がない男性でも、お酒を飲みすぎたことによるものや過労や不安状態、ストレス等で早漏になるケースもあります。
また、セックス体験が乏しい男性も早漏になりやすいとされています。
早漏と聞くとセックス体験が乏しいと自分を恥じる男性もいるようですが、射精するにあたって他の問題が隠れている場合もあるので注意が必要です。

早漏は病院でも治せるもので、実際に患者の約30%がEDと呼ばれる勃起障害を合併しているといわれています。
このため射精時間のコントロールが難しいこともあります。
ですからセックス体験をこなしていないからと決めつけず専門医にかかることをオススメします。
早漏の治療方法はスタート・ストップ法、締め付け法などの行動療法が一般的ですが、実際的な指導を行う病院がまだまだ少ないのが現状で、有効性も疑問視されています。

薬物療法としましては選択性セロトニン再吸収阻害薬(パキシル)が有効です。
パキシルの適応症はうつ病やパニック障害で、早漏は適応外とされています。
しかし、臨床実験によれば、パキシルの内服後は射精までの時間が4倍から10倍に増えたとのデータがあり有望視されています。

サイト内検索